context.wbcファイルは必ず正しく抽出できるわけではありません。ブラウザのキャッシュやインストールされているLicense Server/WibuKeyドライババージョンなどによってはうまくファイルが書き出せていないことがあります。申請前に予めご自身で確認しておくことで、タイムロスを防ぐことができますので必ず行っていただくことをおすすめします。

  • ドングルファイル(context.wbc)ファイルが正常に書き出せたかを確認するには?

生成したcontext.wbcファイルをメモ帳やNotepadなどのテキストエディタで開き、以下のような暗号化された情報が書き出されていれば正常です。

  1. ★1:マシンに接続しているドングルが、更新するターゲットのドングル1本のみであることを確認してください。【重要】
    複数のドングル情報が含まれていると開発元が“ミスしやすく”なりますので、その後の修正に何日もかかることがあります。当然ですがその間ライセンスは利用できません。
  2. ★2:ファイルの生成日時が正しいことを確認してください。
    → ブラウザのキャッシュが残っていると古い日付で生成されることがあります。 その場合はブラウザのキャッシュをクリアしてからブラウザを起動し直してみるとうまくいくことがあります。
  3. ピンクの四角いエリア:この部分がドングルに保有されているライセンス情報です。License Serverバージョンやドングルドライバーバージョンが古いと、正しく書き出せないことがあります。

弊社ではご連絡いただいたcontext.wbcファイルの確認を行い、上記のいずれかに該当することが確認できた場合は再度ファイルを作成するようにお願いをしております。
ご連絡いただく時間帯が弊社の営業時間外の場合は返答が翌営業日となりドングルの再プログラミングが遅れますので、予めご自身で確認していただくことを強くおすすめします。

何度か試してみてもうまくいかない場合は❢
ドングルドライバーのアップデートまたはLicense Serverのアップデート、もしくはその両方を行ってからもう一度試してみるといいでしょう。