パーティクルをシミュレーションソースとして使用する


このページでは、Maya nParticleをソースオブジェクトとして使用するシミュレーションの設定を紹介します。

PhoenixFDSimulatorPhoenixFDSourceを作成します 次にシミュレータ内でエミッタとして動作するオブジェクトを作成します。 エミッタオブジェクトを選択し、nParticles>オブジェクトからエミットします。


nCacheメニューから、nParticleキャッシュを作成します。


PhoenixFDSourceノードを選択しSource Objectsを開き 、[Edit Objects Set]ボタンをクリックします。


リレーションシップエディタ内で、左側のソースのオブジェクトのセットを選択し、右側のnParticleシステムを選択します。


パーティクルは非ソリッドオブジェクトとみなされます。(Extra Phonenix FD AttrubutesのSolidオプションで制御します。)



nParticleでのパーティクルごとのサイズ変更を反映させる場合は、PhoenixFDSourceノードのParticle ShapeをSphere, use sizeにします。





パーティクルごとにFluid Dischargeパラメータのバリエーションを追加するには、対応するスロットにparticleSamplerInfoテクスチャを接続します。