V-Ray 5 for Maya PLE

こちらでは V-Ray 5 for Maya PLE の情報を公開しています。

V-Ray Decal(デカール)
元にあるマテリアルを変更したり、UVを追加編集する必要無しに、任意の場所にデカールテクスチャーマップを適用します。複数オブジェクトにまたがって貼り付ける事もできます。新しいV-Rayデカールを使用すると、ステッカー、ラベル、ひび、汚れ、引っかき傷などを簡単に追加できます。

Chaos Cosmos
高品質のV-Rayコンテンツの無料ライブラリがMayaに統合されました。 このコレクションには、高解像度のマテリアル、HDRI(ドームライト)、植物、樹木、低木などの即座にレンダリング可能な高品位3Dモデルが含まれています。 Chaos Cosmosワークフローの詳細については、専用のドキュメントページをご覧ください。 最高のエクスペリエンスを得るには、Maya2020以降でChaosCosmosを使用することをお勧めします。

USD サポートの拡張
V-Ray 5.2では、V-RayライトをUSDにエクスポートし、V-RayでUSDライトをレンダリングする機能を追加しました。
MayaUSDのサポートはバージョン0.13.0に拡張されています。 V-Ray 5.2では Maya USD 0.10.0以降を使用することをお勧めします。

Chaos Cloudでバッチレンダリング
複数のレンダリング可能カメラとレンダリングレイヤーをChaos Cloudに一括送信しレンダリングできます。

VFBでブラーとシャープフィルター
V-Rayフレームバッファーに組み込まれた新しいBlurレイヤーとSharpenレイヤーを使用してレンダリングのディテールを調整し、よりアーティスティックなコントロールを実現しました。またバッチ画像処理で時間を節約できます。

可変バケット分割
レンダリングの最後の1ピクセルまでマシンの性能を100%使い切ります。

Bifrost USD グラフのレンダリングをサポート
プロシージャルなUSDパイプランマネージメントをサポート

Maya 2023をサポート
最新の Maya 2023をサポートします。

  • 最終更新: 2022/05/23 10:58
  • by oakcorp