Proxy経由で接続する

Cosmosブラウザが正しく機能するには、Chaosサービスへのインターネット接続が必要です。 Cosmos ブラウザが、セキュリティの都合でプロキシサーバーを経由する必要があるネットワーク環境にインストールされている場合は、いくつかのプロキシ構成を適用する必要があります。

既定では、CosmosブラウザーはOSのプロキシ接続設定を自動的に検出します。場合によっては、ポート、ホスト、ユーザー名、パスワード等、追加の設定を指定する必要があります。このページではCosmosブラウザー側のProxy接続設定方法について説明します。

以下のCosmosブラウザインストールディレクトリに config.json ファイルが見つかります。

Windows: C:\Program Files\Common Files\ChaosGroup\ChaosCosmos
macOS: /Library/ChaosGroup/ChaosCosmos/

config.json をテキストエディタで開きます。“proxy”セクションを自身の環境に合わせて設定します。

{
    "automatic_updates": true,
    "port": "30305",
    "tls_port": "30306",
    "tls_cert_file": "",
    "tls_cert_key": "",
    "working_dir": "T:\\temp\\cosemp",
    "database_dir": "T:\\temp\\cosemp",
    "updates_dir": "T:\\temp\\cosemp\\Updates",
    "proxy": {
        "type": "auto",
        "host": "",
        "port": 0,
        "user": "",
        "password": ""
    }
}
  • type: プロキシの接続方法を次から指定します::
  • auto = デフォルト値。OSのProxy設定を自動認識します。
  • http = http proxy 接続を行います。
  • none = Cosmosに自動プロキシ検出をさせたく無い場合に使用されます。
  • host: “” – Proxyのホスト名もしくはIPアドレスを指定します
  • port: 0, – Proxyのポート番号を指定します
  • user: “”, – ユーザー認証型Proxyのユーザー名を格納します
  • password: “” – ユーザー認証型Proxyのパスワードを格納します

変更を config.json ファイルに上書き保存します。

Cosmos Browser のプロセスを再スタートします。
WindowsではWindowsスタートから “Stop Cosmos Browser” と “Start Cosmos Browser” を検索して実行する事で再スタートできます。

  • 最終更新: 2021/07/26 05:49
  • by oakcorp